08年 合宿レポート

編集:nose 写真はクリックで大きいサイズが見れます。

08年度生 by taba
07年度生 by fsk
06年度生 by kim
05年度生
写真まとめ 別ページに飛びます(写真数が多いので重いです)

08年度生レポ

‘がっしゅく’というもの自体が初めてだったため、終始うざめのテンションでお送りします。

8月20日

とりあえず手始めに23時という遅い時間に集合が初めて。少々予想外に寒かったものの
集合場所で皆としゅっばす…違った。出発を今か今かと待っているだけでもわくわく。
2台に分かれて乗車していましたが、車によって人数がかなり偏っていたみたいです。
運よく(?)周りに空き席がちらほらあったのをいい事に、
こちらのバスでは1人で2人分の座席を占領していた人もかなりいたりw 夜行バスって楽しいですねー。
駄に日記を一晩で5回くらい更新してみました。さて楽しい合宿のはじまりはじまり〜…w 

8月21日

ホテル到着後はしばし待機。一応寝たとはいえ、3時間の放置は少ししんどかったですね。
まぁ休めないならいっそ動こう!と私はまた馬鹿みたいに周りを巻き込んで野山を駆け巡っていましたが(( 
順調にスタ練をこなし、夜だぞ、花火花火〜♪…と思いきや、まさかの雨で延期…。
うぅ…とお預けをくらいつつも、深夜は待ってました!とばかりに飲み始める皆さんw

8月22日

この日の朝食くらいに気付いたんですが…毎食のご飯の量。なんだか多くないでしょうか?w
せっかくホテルの目の前に大きな野原があるのに!ということでこの日は朝から出くわした人に
片っ端から『今から野山を駆け巡りに行きませんか?』と口説く→走る。
そしてスタ練を合間合間で入り、夕飯の時間。この日は屋上でBBQでした。
ご飯って大勢でわいわい食べると、楽しいですね。
あとは何人かで共謀(?)して会長への誕生日プレゼントを用意してみたり。
プレゼントと言うのもおこがましいのかもしれませんが……。夜は普通に飲み会です。
4階の廊下でえらいこっちゃな状況になっていたみたいです。

8月23日


合宿も3日目(4日目?)となると、いい加減そろそろ慣れてきます。
ふとした空いた時間にぼーっと出来るのも、地元ではしない分、新鮮な時間の使い方が出来ますね。
この日はちゃんと晴れてくれたので夜に延期されていた花火やっと!w 
聖火ランナーの出現にテンションが上がるw 
しかも聞くところによると毎年誰かやりたくなってしまうみたいですね。
これも合宿qualityでしょうか。あとは某氏に夏の大三角形を教えてもらったりとか。
灯が少ない分、星がとても綺麗に見えました。こういうのは都会では体験出来ませんよねー…。
メンバーがメンバーなだけにただの花火がすごいイベントな感じがしました。
というか普通に楽しかったんですよw 最後の打ち上げ花火が終わった後数瞬の余韻は素敵でした。
花火の後はミニライブを敢行します。お客さんを呼ぶよ〜とは聞いていましたが気が向いた人に声をかけるだけだろう…
と某Y氏と共に考えていたら、、、、まさかのメーリス!煤@えええええ!?人が何やら多い…というか溢れてますよ!?
と、あわあわ。予想外の人数に動揺して弾けなかった…といういいわけではダメでしょうか?← 
でも楽しく出来たのはやはりきちんと聞いて下さった人がいたからこそでしょうね。もっと頑張ります。

8月24日

とうとう宴会当日です!あのたった3・4回強のスタ練で、ここまでの完成度を作れるのはほんと、さすがだなぁ、
なんて他人事のように考えたり。14-21時という長い間、薄暗がりの中、途中休憩を挟むもほぼぶっ続けにやる、
ということがあの、ある種の躁状態を作り出すのではないでしょうかw 
知らない曲をやっているバンドさんも多いのですが、とにかく音に身を任せまくった半日でした。

さて、最終日の夜は、帰るのが残念で時間が勿体ない!ということでオールをすることに。
男子部屋、とか女子部屋、先輩の部屋、とか関係無しにいろんなお部屋にお邪魔しに行く。
はっきりいって宴会以上の無礼講状態です。3階、4階、ロビーと行きましたが、特にこの日のロビーは酷かったですww
朝日に関しては、結局苦労して3回くらい睡魔の波を乗り越えたにも関わらず、
霧が濃くて拝めませんでした。残念無念。でも夜明けの玄関口(外)でやったラジオ体操の清々しさは忘れませんよ。

8月25日

とうとう帰る日がきてしまいました…名残惜しいとかいってる場合じゃないくらい帰りたくありませんでした。
この気持ち、わかっていただけますよね。。。?まぁ、結局帰りますけど。((← 
ゲレンデで集合写真を撮って、少し挨拶やらなんやらをしてバスに乗る→寝る。
気が付いたら長野を超えて愛知らへんの高速だった気がします。
あれ、今技使った?テ○ポですか、違いますか、そうですか。

素敵な5日間のために、5日間どころか数か月も前からいろいろと準備を進めて下さった、
合宿係の沢田さん、ありがとうございました!そしてお疲れ様でした!

とにかく初めてづくしの5泊6日でした。一言で言いきれば「楽しかった!」、
ふた言で言えば「楽しかった!帰りたくなかった!」。
知らないこと、知らない場所、たーくさん体験した、いろんな意味で濃くて、充実した5日間だったと思います。
あのメンバーで、あの場所に居たからこその状況でしょう。
時間は止まってはくれませんし、年はどんどん経っていきますから、
今年と同じ状況が来年くるとは思えないでしょう。けれど、来年もまた今年のように楽しく、
願わくば今年以上に楽しい5日間を過ごせたらいいなと思いました。

来年はもっと買わずに済むように、おやつ(という名のおつまみ)を送ろうかなぁと思います。((← 
あとはもう少し、外で遊びたいですね。
この文章を読んでくださっている貴方、来年は一緒に坂道を全力疾走しませんか?((((←

08年度生 たb


07年度生レポ

8月20日

今年もやってまいりました。楽音における3大イベントのひとつ、合宿です。
去年と同じく長野は北志賀高原へ、夜行バスでの直行便。


フレッシュでパワフルな1回生から、合宿満喫の極意を心得るOBさんまで
期待と興奮を乗せて、2台のバスが夜道を走ります…
まあ、わたしは終始狸寝入りを決め込んでましたけど。w


8月21日

約6時間の旅を経て、ようやくホテルに到着です。
荷物をおろしていざ布団へ、と思ったら部屋に入ることはできず、片付けが終わるのを待つことに…。
もちろん、さっそくスタジオ入りというバンドも。
2階宴会場は避難所状態。寝不足解消につとめる人、スタジオに向けて練習する人、雀卓を広げる人…
それぞれが思い思いの過ごし方をして、しばし畳に思いを馳せます。


さて部屋が使用可能になると昨年と同じ合宿の風景です。
スタジオ、ごはん、お風呂、お菓子
夜にもなれば、1日目からみんな飲むわ騒ぐわです。元気です。
残念ながらこの日のメインイベントの花火は、雨のため中止となってしまいました。楽しみは後にとっておくもの。


8月22日


天気も徐々に回復し、この日の夜は屋上でバーベキュー。
これといったバーベキュー奉行がいない今年ははてさてどうなるかと思いましたが、おいしく食べれましたね。
いろんな人とおしゃべりを楽しめるのもこのイベントの美味なところ。


さてこの日は会長金さんの誕生日であります。おめでとうございます。ぱちぱち。ほぼ恒例行事です。
ケーキと、1回生からはなんかぶよぶよしたのがプレゼントされてました。衝撃を与えると光ります。
なんか生物部のひとが喜んで研究しそうな外見です。


8月23日


今日こそ!花火であります。
風があって肌寒かったですが、わいわいやれば温まるもの。駐車場の下のほうへぞろぞろ移動します。
一部の先輩方は道中のお風呂屋さんに行っていたそうです。いいなぁ。
火遊び好きの男の子たちははしゃぎます。女の子もはしゃぎます。
猫じゃらしみたいな形の、線香花火のでっかい版のようなのが好きです。きれいです。


ところで弾けては消える花火と同じく(いやもっと)美しいのが、見上げれば広がる高原の星空なのです。
さすが夜は真っ暗闇に包まれる山、星明かりがとてもきれい。ほんもののプラネタリウム。宝石箱をひっくりかえしたみたいな。
星座早見表、持ってくればよかった。


さらにイベントは目白押し。この日は新しくなったWEDNESDAY WEDNESDAY、
もといgood night theatreのスタジオライブがありましたよ!
Aスタジオにひしめくようにお客さんが入って、いやぁ、いいライブを見せてくれました。
宴会もいいけど、こういうライブもいいですね。


さあ、明日はいよいよ宴会です!


8月24日

どきどきわくわくの宴会ですよ〜。
どんなバンドがあったかは、他の人のレポートにおまかせで。
約7時間にのぼるライブ、いろんなバンドを見たりやったりしましたが、
いやーおもしろかったです。まぁなんていうか、今となっては
あんまりたくさん覚えてないってことなんですけど(笑)。とりあえずエージェントと構造は名曲でした。
PAさん、お疲れ様でした。やっくん先輩毎年ありがとうございます。来年もどうか。(笑)


さてあまりにも短すぎる4日間を惜しんで、この日は夜まで飲みます喋ります。
スタジオのたんすでドラえもんしたり、カスッパとララバイさんとスタジオ入って音量の違いにびっくりしたり、
晴れの昼ゲレンデで優雅に読書したり、酔って散々馬鹿にされたりした日々が蘇ります。
あんなにもお酒飲んだのは後にも先にもこのときが最高でしょう。


手羽先食べたり、腕相撲したり、ウノしたり。アルコールで体に模様が浮かんでる人とか、
ベースにいたずらしてる人とか、三輪車こいでる人とかいました。フリーダム。
今日は朝まで飲み明かすぞーと思っていた矢先、気がついたらひとの部屋で寝てました。ごめんなさい。



8月25日

いよいよさよならの日となりました。時間とは残酷なもの。
支度を済ませ外に出れば、晴れの空が見送ってくれます。
集合写真、ホテルの人へのお礼といった恒例行事の後は、バンドで思い出の写真を撮ったり、フリスビーで遊んだり。
走り出したバスの揺れに意識を手放していたら、そこはもう故郷の神戸。見慣れた六甲の風景。


今年も、合宿が終わりました。

合宿係の沢田さん、お疲れ様でした。おかげで楽しい日々を送れました、ありがとうございます。
それから、一緒にバンドやってくれた人、お話してくれた人。
合宿は毎年あるけれど、このメンバーでのこの5日間は1度きりです。プライスレスです。
良い夏の思い出です。
とりあえず、もうぬからない、ぜったい。(笑)


そいえば先輩に、ホテルの近くにおいしいチーズケーキのお店があると聞きましたよ。来年いこう!

07年度生 fsk


06年度生レポ

もう随分前のことなので、印象に残ってることだけかきます。あと実名は伏せます。(基本4回は君付けです。)

一回の時は金が無くて合宿行かなかったので、今年が2回目です。
去年は前々日にミワ○シ入って、屋外の超キツイ現場で筋肉痛になった
まではよかったが、合宿中は全く寝ないので体力が回復せず、6日間くらいずーっと体が死にかけ、
それでも8バンドくらいスタジオ入る、と
いう試練の合宿でした。深夜のスタジオはエンドルフィンとても出ました。


なので、今年はゆとりのある合宿を心がけました。

一日目というか出発前は、I田君の提案で神社に早めに集まってビールを飲みました。
T尻君、R、K村君、Y本君、U田、U田とか。(N村君とかKもいましたかね?)


バスの中でI田君がU田に、広報の伝統を伝授していましたが、不発。伝統はとぎれました。

いきなりですが、2日目以降になにがあったのか忘れたので、以下適当に書きます。


バンド・・・今回僕は4バンド参加しました。自分のバンドはK畠、さらにO前もいれてスリーパーカッション編成に。
BLACK EYESみたいなんを目指しましたが無理でした。
あとは、ドラゴンアッシュ(Y田、S本、K)、はっぴいえんど(O前、N村、T橋)、
合唱(3,4回生の何人か)。合唱のスタジオが楽しかったですね。赤面。

鉄拳4、アニメ等映像作品・・・I田君がもってきた鉄拳4をみんなでしました。
U田が予想外にハマり、合宿中のあだ名が“チャンプ”に。
今ゆってみても、なんもおもしろくありませんが、そういうものですね。


最終日はN勢とかRとかKとかとアニメをみました。『フリクリ』の一話と、『ほしのこえ』。
見終わってみんなが廊下でドンチャンさわいでいる間に、
Rと残って新海誠の『彼女と彼女の猫』を見たんですが、新海誠の声が聞き取りづらく、
半ばヤケになり、内容を理解するため三回くらい見てしまいました。


その他様々な映像作品を鑑賞しました。

温泉・・・花火の時に、あまりの寒さに早々に切り上げて、
U田、I田君、T尻君と4人で温泉に入りに行きました。(有料)
とても気持ちよかった。I田君はイイ提案しかしない。
今後、おれかU田が合宿に行くことが無ければ、温泉への道を教えてあげられないので、
みなさん自分でさがしてみてください。


誕生日・・・去年もそうでしたが、合宿シーズンは僕の誕生日です。
自分でアピールしようと思ってたんですが、忘れててサプライズされました。
そういえば、去年はKさんからケーキを買っていただいた・・・・。

酒・・・今年は酒をあまり飲みませんでした。去年はおれが持っていったウイスキー三本、U田の焼酎は3日目で尽き、
むこうで買ったビール、他の人の酒、阪大の人からもらった梅酒などいっぱい飲んだ記憶があるのですが。
なぜでしょうか。その時のジョニ黒がまだ残ってます。

その他・・・お茶漬けを食った記憶があまり無い。朝食ねまくりでしたね。
すいません。スカパーが見れなくなってたのが本当に残念です。
去年は暇な日中に、ディスカバリーチャンネルをみるのが楽しかったのに。
あと、合宿に本を持っていっても全然読めません。帰りのSAの天むすは今年もありました。来年もあればいいですね。


神戸に帰ってきたあとは、セオリーどおり大学に。適当に飲みました。

去年T鑓君と話していたことですが、やはりというか、合宿後の飲みはみな絶対帰宅しますね。目的はただひとつだからでしょう。

06年度生 kim


05年度生レポ

まだないです

一番上へ




おまけ


はっはっは


お手上げ


ぎっさんに出会いました


通じ合う二人


物憂げな二人の眼差し


そしておもむろに・・・


飛ぶぎっさん。もう何がなんやら。


最後は薔薇を持ったぎっさんでお別れです。