楽音12th LIVE 『耳鳴り。』vol.1

拙文:みなみ/写真:みなみ+公式カメラ

2003.06.28(Sat)@三宮Marsey Beat
14:30start 15:00open  25min/1band(込setting)
B29/はるしおん/The helmets/大江晋輔/right wing/MoMoCo

 朝から雨。楽器隊にはつらい天候でした。JR三宮駅集合でマージービート(旧パインフィールズ)へ向かう。駅のコンコースでなぜかミス・グアムから貝のレイを頂く女子達。旅行会社のキャンペーン中だったのでした。うちわもゲット☆
 東へ歩くこと10分、壁面のロゴがマージーになっている他は外観に変化はないみたいです。中もさほど変わらず、ですがスピーカーがちっさくなったおかげで楽屋への出入りが若干スムーズに。あとトイレの照明が青じゃなくなってた!(どうでもいい)
マージービート Marsey Beat建物。
1階と4階にライヴハウス(マージーは4階)
パンフ表紙
今回のライヴパンフ表紙。毎度謎多きデザインで。
 荷物を置いてちょっと早めにリハーサルスタート。一日目の今日は上回生バンドばかりなので目新しさはあまりないかと思いきや、メンバーが若干変わったりライヴハウス初バンドがいたりと、新鮮な部分もけっこうあり。慎重に音合わせするバンドの面々。スタッフさんとのコミュニケーション、ちゃんと取れてますか?
 依然雨のやまない中での開場。ちらほらお客さんは来てくれるものの、ビラ配りの苦労を思うと報われてません。雨め。
 受付脇に小窓発見。これなら受付係でも中の様子が覗ける。これもパインだった時はなかったなあ。……たぶん。
覗きマド

 結局15人弱の入場記録のまま開演と相成りました。でも会員が増えてるからハコ埋まりぎみ。フクザツ☆
ギター 開演前のステージ。

 一発目は王道ギターバンド編成、B29。常に今後が大期待なバンド。
 "Like a Rolling Stone"(だったよね?うそか?)をSEにメンバー4人が入場、なぜかそのままステージに整列。いつもなんかやらかす彼ら、本日はドラム鳥谷くんが整列させた他のメンバーに向かって「気合いが足りん」的な叱咤激励をして、ひとりずつにビンタをお見舞い。何なんだあんたたちは。
コントもどき 弦楽器隊。 北嶋&みっちー
微妙に恥ずかしがってるのがおもろい。
みっちーはVelvet Underground、北嶋くんはTMGEのTシャツ着用を確認。

 そんなB29も本日は待ちに待ったオリジナル曲初披露。1曲目はギターみっちーがヴォーカルをとる速めのロケンロー☆かっこいいっす。タイトル不明。BLURの"song 2"(だいすきです)とか吉見くんの妙な夢話やらを挟みつつ、最後に"フィラメント"。こちらは北嶋くんが歌う。フロアタムがいい味出してる、セツナ系。コード進行にウィーザーの匂いを感じて、すてきです。リハ時に歌詞見せてもらったんですがばりせつねえ!! タイトルもいかすわ。個人的にはもっと轟音で聴きたかったです。
吉見 とりちゃん B29
リズム隊。 浮遊感が良ひ。

 なぜか「すみませんでした」と去っていったB29に続いてお出ましは新生はるしおん。最近はかのと・うっちー・いなの3ピースが定着していましたが、前回ライヴ(発熱)をもってきりんりん解散となったばばちゃんがヴォーカルとして仮参入。乱入はるしおん、というらしい。(fromMC)
ばば 楽音ではなぜか数少ない
ピック弾きベーシスト。
成長率高し。
うまなったよマジデ。




いな
新メンバー・
ばばちゃん。
うっちー かのと ←↑今回のMVPコンビです。
 デリコの"LADY MADONNA"で始まり、メインは怒涛のGO!GO!7188攻撃。最近GO!GO!の新曲、元聴く前にはるしおんで聴いてるかも(笑)
 ドラムいなちゃんはかつての木村さん(MML)を継ぐほどのERI(六甲のスタジオ)でよく見かける人NO.1であるだけに、成長著しいです。キックの音がすごい。うっちーのベース弾くスタイルはかなりきまってます。はるしおんは全体的に音とか佇まいがかっこよかった気がする。かのとのギターがちょいとハウり気味だったのは悔やまれますが。あとはばばちゃんがどう暴れるかだな! もともとのメインヴォーカル・かのととツインヴォーカルの曲とかもやってほしかったりー。
はるしおん 新生はるしおん
正式加入だそうです。ご期待☆

 お次はライヴハウス初登場、ミニライヴでその一端を披露したThe helmets。キャラの濃いバンドです。ヴォーカル武藤くんの背の高さはぜったい得だと思う。立ってるだけで絵になるもん。
ほら。
むとう いい表情です。

三上
 いい声してますし。演奏中最前列に握手求めて拒否られてましたが。ステージ上での(だけ、とは言わないが)暴走ッぷりは今期の楽音随一かと。その隣では三上くんが顔でギターを弾いていると言っても過言でないくらいステキに陶酔な表情してました。しぶいです。
 MCにて原チャでこけた話。実話。ヘルメットかぶってたから助かった的なヘルメッツだけに的な流れに持ってこうとしてたのですが、勢い余って噛みまくる。噛んだことでウケていた。終わりよければなんとやら。
 ネタバンド(選曲は渋いんやけど)は止まらない。布袋の"ロシアンルーレット"はネタのためだけにやったんではないかぐらいのオンパレード。演奏中断してまで……てか三上くんあなたまで……どんくんの天然もいい味出てました。
高田 高田くん。
初心者と聞きましたが、なかなか。
どん
The helmets 彼こそが
真のヘルメッツ。
The helmets初ライヴ。

 折り返し地点も過ぎて、4番手団長はミニライヴに引き続き今回もピンです。
 椅子に座ってのアコギ弾き語りに観客もぞろぞろと腰を下ろし出す。前列上空に空間。まったりタイムです。
団長
「超」のキャップが気になる。
今回は演奏した4曲全てオリジナルでした。本日のラインナップでは唯一ですね。歌詞はホームページに掲載されてるそうです。個人的には"雨降り"のイントロギターがいいなあと。ユラメキ。耳鼻科がどうだの言ってましたので(だめですよMCで言い訳しちゃ)身体的要因もあったのでしょうが、高音上がりきってなかったのが惜しい。
しずかな空間でした。 団長2

 まったり空間を高音が切り裂いた。right wingの面々登場。いや、ハイがちょっと痛かったんです。ただ。スピッツTシャツ+グラサンに身を包みリッケン構えたくぼっち。先日行ったスピッツライヴにてのマサムネがその格好だったそうです。…コスプレ?(うふ)
くぼっち 甲斐
どうしていつもそんな涼しい顔で
叩けるんでしょ。
作曲できるメンバーが多いのは強みです。
right wing
リッケンいいなあ
(超個人的)

 このバンドもオリジナル色が濃く、1曲目以外は全て自作。しかも各曲作曲者が違うというヴァラエティっぷり。甲斐くん、てらくん、くぼっちそれぞれの味が出ておりました。インストあり、ハードロック(なのか)あり、セツナ系あり。最後の"夏の記憶"はくぼっち作詞のくせにてらくんが歌ってました。詞や節回しにマサムネへの愛を垣間見る。練習度なのかアレンジなのか、完成度に関しては「もうちょっとこうだったらなー」と思うところあれど。今後が楽しみ…ってこのコメント出し過ぎ?

彼もベースが似合う男。
薮本 てら てらくん。
毎度派手ですな。

 いよいよ大詰め、一日目の大トリは楽音きってのメタルバンド、MoMoCoが務めます。最後なので長めに書きます。(単にメモと写真が多いだけという話も) ハジけまくったステージを見せてくれるこのバンドですが、弦楽器隊は今日もキンチョーの嵐。うっかり出番前の楽屋に入ってしまうとこっちまでどきどきしてくる(笑)
 それでも一旦ステージに上がれば何事もなかったかのよう。今回はSEがなんとタイタニック!前日にテレビ放映してたしね……そして案の定やってくれました。
タイタニックごっこ
どうすかこのラヴラヴッぷり。
 ベース吉田くんの必要以上にうっとりな表情が目に余ります。出番前めっちゃ顔色悪かったくせに☆最初と最後のバンドが入場時になんかやらかしてくれて、構成的にはキレイでしたね。(そうか?)
 一転、演奏が始まればステージも暴れる、フロアもヘドバン隊が前列へ。そのあまりの凄絶さにヘドバン隊を撮影しようと試みたんですが、運良く頭が真っ直ぐ向いてる時にシャッターがきれちゃったようで、全く普通の写真になってたのでもういいわ。
 この日のMoMoCoはトラブルに憑かれてたようで、シールド抜けたりアンプの接触がおかしくなったり、もったいないハプニング続出。とはいえ激オトコマエなライヴをやらかしてくれました。
テンパり中 吉田 ベース、
すごい音だった。
こばちゃん、途方に暮れるの図。




いかしたギター
弾いてたんですよ。

コーラスにも挑戦。
こば おかん。
動きが出てきた。
おかん
 オリジナル"BLINDED"と"エリカ"を初披露。ダウンチューニングが低音増幅してて、ヤバイ。重さがあって、でもきれいで、でも激しい。ダブル・デス声もすごかったけどね……
 おかん(松本くん)の歌はすごく味があると思う。巧いっていうか、旨い。声の使い分けもスムーズだし。そしてこの日はおかんが初めて脱ぎました。おかんコールが響き渡った。すてき。今回はメンバー全員脱いでました。あほです。しかし暑そうだった。こばちゃんは脱いでギター弾くとセクスィーです。フェロモンです。
 楽器陣の、たまに狂いはするんだけどキメる箇所がいい。びしっとキマるのを見るのは、どんなバンドでも鳥肌もんです。
吉田2 ドラマーかっちゃん。
かっこいいです、素直に。
かっちゃん かっちゃん2
やっぱり客席に降り立つ
よしだくん。
観客みたいですね。
吉田3 おかん2

暴れるひとたち。
こば&かっちゃん
 結局最後もギターは鳴らなかったけれど、トリを張れる風格は充分感じました。耳鳴り残して、一日目終了。

 初の試み反省会などもやったりしつつ(ぐだぐだ気味でしたが)、打ち上げへ。新入生交えての初の正式飲み会。この日は次の予約が入っていたため早々と店を出され、しばらく店の前でたまっていたのですが、ノリが高じて有志はメリケン波止場で花火大会。楽音史上けっこう特殊な打ち上げになったのでした。出演者の皆さん、見に来て下さった方々、当日参加した会員の皆さん、お疲れ様でした☆ 出た人も出なかった人も、このライヴを糧にして、次はもっといいライヴをつくりあげましょう。