楽音12thライブ「耳鳴りvol.2」ライブレポート

Written By Kubo

楽音ライブもいつのまにか12回・・・。今回は新入生主体のライブ。
新入生と行っても侮れない熱い人がいっぱいいました。
ではでは、新入生の演奏っぷりをたっぷりとご覧ください。

(といっても画像だけだな・・・・。)





「ウリ病」



できたてホヤホヤの一回生バンド「ウリ病」
スピード間溢れる曲中心の楽しめるバンド。
紅一点のドラマー高比良さんを軸として、男三人もなかなか安定した演奏を見せてくれました。
ガンバレ!!



(左)変形ギターが熱い、石橋君。コーラスもとります。
アンプ直だぜ!!美学だぜ!!

(中央)お客も出演者もノッてます。いい感じ。これが初ライブとは思えないなぁ。堂々しとる。

(右)忘れてはならないドラムの高比良さん。上手いです。
これまた楽しそうにドラム叩くんですわ、ノリノリ(笑)




「未定」



えっと、バンド名はホンマにこれでいいんだろうか、「未定」です。
ネタとかじゃなくてホンマに「未定」らしいです。
でも内容は濃い。ドラムソロやったり、いきなりオリジやったり・・・。特にドラムソロおもろいわー。今後が楽しみ。





(左)ギター道前、なかなか変な音を出す子です(いい意味で)。レスポール携え、オリジも披露。初ライブにしてオリジってのがやはりすごい。

(中央)ドラムの大脇、ドラムソロ中。各方面から「アホや。」との誉め言葉をもらってました。

(右)こんな感じの「未定」まったりしたり、激しい曲やったりなかなかバラエティに富んでたなぁ。




「The Donald Fuck」



前回の新歓ライブで観客を沸かせたドナルド。今回はドラムの人が抜けてしまったため、
急遽いしかわ兄さんが助っ人で参加。選曲が変です。
いしかわさんコーラス入ります〜。いしかわさんとだぶさんが組むと恐ろしい・・・・。




(左)もはやこの人がいないと始まらない。カリスマだぶさん。今日も暴れます。歌います。ノリノリです。
それにしてもなんか魚屋っぽいなぁ・・・・(失言)

(中央)今回はちょっと雰囲気が違うかなさん。曲のせい?
「あんた、あの子のなんなのさ」
かこいい!!

(右)今回の助っ人いしかわさん。だぶさんとともに暴れます。コーラスもとります、今日はあはんあはん言ってました。ステキ。




「水鏡」



上回生と一回生の混合バンド水鏡。‘みかがみ’と読みます。
見ためとは裏腹に選曲は濃いです。すべて男性ボーカル。
初心者を含みながらもなかなか頑張っていました。これから成長していくといいなぁ〜。



(左)すごい体勢で歌うのはボーカルあやさん。曲が曲だけに吼えてる場面とかもありました。
う〜む、なんかすごいなぁ・・・。見た目との違和感が(笑)

(中央)今日も相棒(通称:毒がえる)が光るギターの寺岡。今回も重たそうなラックを抱えて出陣です。
多彩な音を駆使してメンバーを引っ張ってました。ベテランです。

(右)今回評価が高かったのがこのベースの伊達ちゃん。ベース始めてまだ二ヶ月だとか・・。
日々練習してんだろうなぁ〜。ちなみにDir en greyは彼女の選曲、熱い。




「FREED SPACE」



上回の萩下さんが助っ人で入った新入生バンドFREED SPACE。
今回は二曲とちょっと少なかったけど、弦楽器隊が安定してていい感じ。まだまだいけそうなんで次こそは!



(左)テレキャスを抱える松本君。派手ではないけども静かに丁寧に演奏します。意外と楽音にはいないタイプのギタリスト。

(中央)湯田さん、寺坂くんペア。「未定」でもボーカルをとった湯田さん。確かな声量でしっかりと歌います。
なんかしっかりしてるなぁ、このバンド。
(右)ベースの寺坂君。なかなか渋い色のベースを抱えて登場です。もとがギターというだけあってその腕はなかなかなもの。
上回の誰かに似てるという噂はナイショだ・・・・。




「人間牧場」



もはや説明不要でしょう。新入生に混じって出てきました。電波系バンド人間牧場。
今日もその電波に誘われて、たくさんお人がステージで舞っていました。
観客もノリノリです。いろんな意味ですごいバンド。



(左)卓越したプレイで今日も電波を僕らに飛ばす(!?)会長とみいさん。ただおもしろいだけではありませんぜ牧場。テクニックもすごいんです。

(中央)社会人ながらもいまだにバンドと音楽を続ける熱いお方木村さん。今回はちゃんと服着てます。
そのドラムは未だ全く衰えず。すごいバイタリティやなぁ・・・。

(右)副会長吉田さん、トイレにて。演奏中ですが、トイレに駆け込みます。もうわけわかりませんね。
毎回ライブで客席に下りてくるのはもはやお決まり??



いかかでしょう?
今回は新入生主体でしたがなかなか侮れないバンドが多いこと!
これからどう育っていくか楽しみです。夏休みを経て、つぎは六甲祭!!
新生楽音はどうなるんだろうか。コウゴ期待。