楽音11thライブ「発熱vol.1」ライブレポート

Written By Kubo

気づけば楽音ライブももう11回目、大切な新歓ライブです。
今回も楽音のカラーを表すような個性的なバンドが多く出演していました。

わんつぅどん

「癒し系バンド」らしいです。(ベース談)
スーツとコンビニ服の対比がなんとも。今回はジミヘンやらスピッツやらをコピーしてました。
(左)コンビニの制服、俺です。
(中央)ホストらしいです。‘ぶれいぶ’本名は決して明かさない、そんな人
(右)元は初心者だったベース、棚木。パートは手品と言い切ってはばかりません。


B29

スーパーカー、くるり、プライマルスクリームをバンドサウンドにアレンジしてコピーしてくれたB29。
写真でも伝わりそうなこのダルダル感がいいです。ダルダル
(左)サウスポーベース、よしみ。なにげにリーダー、かつダルダル。
(中央)寡黙にリズムを刻む男、トリティー。ひとりごっつが好きとか好きじゃないとか
(右)ツインボーカル、KJとみっちー。雰囲気の違う二人が助け合い精神で頑張ります。


鼻*鼻

男スリーピースバンド「鼻*鼻」
ゴイステやゆらゆらなどを演奏してくれました。
とりあえずこいつらMCうめぇ。楽しんでやがる。
(左)ヒデモデルを携えるハナナベ。若気の至りだそうです。
(中央)低音支える海道。今回はボーカルもとりました。ハナナベと息の合ったMCも見せます。
(右)タモさん、最初は初心者でしたがうまくなってます。


Dream of garden

DOGです。とりあえずいかつい。
ギターのしゅんはおいしいとこもってことしか考えてないそうです。
(左)赤いレスポを轟かす技巧派ギタリストのしゅん。
今回はとりあえず回ってた。
(中央)今回ヘルプのキーボード、せいじ
(右)豪快ドラマーひろし。ツーバスどかどか踏んでた。


きん君with三善&棚木

U2やまさよし、オリジナルをやってくれたきん君。
バンド形態でも彼のカラーがよく出てます。椎名林檎みたい。
(左)アコギでオリジナルを披露のきん君。独特の歌い方と曲が光ります。
(中央)今回はゆったりとした感じでドラムを叩く、みちょし。いつもとは違う雰囲気ですが、いい感じです。
(右)棚木。


MoMoCo

ここいらで、メタルなどはいかかでしょうか。モモコです。
メンバーの卓越したテクニックとパフォーマンスで客を沸かせます。
(左)とりあえず、脱ぐ男たち。
(中央)ライブでは大きなアクションを見せる副会長よしだ。
なんでもライブのたびに魂を削るらしい。
(右)おかんとまーくん。暴れながらも決めるところはうまく決めています。コバのギターの速いこと。


ネコスクリュウ

トリです。全曲オリジナルでこれからどう成長するか楽しみなネコスクリュウです。
轟音のなかにいいフレーズやフィルが盛り込まれています。
(左)曲のリズムと激しさを支えるみちょし。ここぞというときの乱打がうまく決まってます。
(中央)このバンドに入って大きく成長したベースマキ。曲におもしろいフレーズを挟み込みます。
(右)。ジャガーとジャズマスターという違った楽器が出す異なるフレーズやユニゾンがしんやボーカルとあいまって メロディーを構成しています。


一日目、終わり〜。二日目に続きます。